[お知らせ]ブログは移転しました。
新しい雑記ブログは http://nofia.net/ です。

cropped-cropped-girl3-1.jpg


2015年07月15日

保守層を40年間怯えさせ続ける「扇動」:1977年の英国テレビでの激しいセックス・ピストルズ非難を見て


1977年6月の英国ラジオの「全英ヒットチャート」放送より
pistols-number1.jpg

▲セックス・ピストルズの『ゴッド・セイブ・ザ・クィーン』は、全英チャートで1位となりましたが、すべての放送局で放送禁止となり、音楽番組では流れることはありませんでした。なお、この時の2位は、イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』でした。


最近、ジョン・ライドン関係の記事をよく書いていたこともあり、本当に何十年かぶりに、セックス・ピストルズの唯一のオリジナル・アルバムを通して聴いていたのですが、中学生の時に受けたようなインパクトは感じないながらも、前回の記事で取り上げた「ボディーズ」という曲を始めとしたいくつかの曲は、むしろ今になって、「よくできたロックンロールだったんだなあ」と感心しました。

そして、1度見たきり見ていないセックス・ピストルズのドキュメント「的」映画『グレート・ロックンロール・スウィンドル』を飛ばしながら見ていましたら、その中で、1977年に『ゴッド・セイブ・ザ・クィーン』という曲をリリースした頃、テレビのキャスターなのか、何かの評論家なのかわかりませんが、テレビで、強烈にセックス・ピストルズを非難している紳士の映像を見ました。

その非難の仕方はあまりにも強烈で笑ってしまいましたが、以下のようなものです。




文字に起こしてみました。



enemey-pistols.jpg

私の意見としては、パンクロックは下品で不快で、耐えがたく、安っぽくて暴力的で、おぞましい。
救いようがありません。
彼らがポックリと急死することを祈ります。
セックス・ピストルズは最悪のグループです。
おぞましいチンピラ集団、人類の敵です。
深い穴を掘って埋めてしまうべきです。
それが全人類の進歩に大きく貢献するのです。




その後に、ジョン・ライドンのテレビでのインタビューのやりとりが入ります。

lydon-pistols.jpg

聞き手 「社会は混乱状態だ」
ライドン「だから?」
聞き手 「君たちは煽っている」
ライドン「若者は絶望しきっている。学校教育で生徒はフヌケにされる。体制と違う意見は抹殺されるんだ。やつらは生徒を洗脳する」




それにしても、最初の紳士の「ポックリと急死することを祈ります」とか、「深い穴を掘って埋めてしまうべきです」という紳士らしからぬ言葉は、当時、セックス・ピストルズが、いかにイギリスの保守層の感情を逆なでしていたかを物語るものです。

もともとロック音楽に寛大なイギリスなのに、この感情的な態度は、彼らの曲が単なるロックではないということへの怒りだと思います。

「本当に社会が動かされてしまうかもしれない」

ということに対しての保守層、管理側の不安。

イエスやピンク・フロイドではおそらくは革命は起きない。
でも、セックス・ピストルズには「それ」があったかもしれないのでした。

そして、今だからこそすごいと思うのは、ジョン・ライドンを始めとする、今から約 40年前の「本当の反抗の精神」が 40年経った今でも「多くの人の中に生きている」という点です。

何しろ、私自身がこのように影響を受け続けている。

私たちが「考える」ことに貢献し続けてくれ、社会の未来を考えることの支えになる。

創造と破壊の理論でいえば、明らかな「破壊側」である彼らは、世界中に散らばって生きている多くの人びとに火をつけたまま現在に至ります。

そして、先ほどの紳士の、

「深い穴を掘って埋めてしまうべきです」

という願いは叶わず、彼らは今でも健在です。

それどころか、巨大化、あるいは「大物化」しながら神話化していくという離れ業さえ見せています。

大物化したジョン・ライドン(Sex Pistols ボーカル)
john-lydon-bigger.jpg
lovemotelnovacancystarpulse


大物化したスティーブ・ジョーンズ(Sex Pistols ギター)
steve-jones.jpg
mtv.com

これからもどんどん大くきくなっていくことを期待しています。


Sponsored link




posted by noffy at 15:38 | 現世人類としての最期に

2015年06月22日

人はいつも目覚めていなければならない - ジョン・ライドンのカート・コバーンの自死に対しての強烈な糾弾を見て

john-lydon-top.jpg
・小さな頃の病気の後遺症で、目に力を入れないと焦点が合わないジョン・ライドン。1980年代から最近までの顔の変遷。 birminghammailzetaboardsgloucestershire echo



パンクの始祖が誰だとかは別にして、世界中にパンクを拡大することに最も貢献したバンドのひとつがセックス・ピストルズであることは認めざるを得ないところだと思います。

1994年に自死したニルヴァーナのカート・コバーンは生前、セックス・ピストルズについて以下のように語っています。



カート・コバーン
kurt-01.jpg
crank-in

ピストルズのアルバムは、俺が聴いたロックのレコードの中でも最高の出来だよ。
全く突然だったし、本当に簡潔なものだった。ピストルズが持っていた全てのハイプは正当なものさ。

あんなに本当のオリジナルなサウンドを俺たちは作り出していない。
俺たちは頑固で妥協はしないかもしれないけど、まあそれだけのことさ。
明らかに変形にすぎないんだ。 


(出典:NEVER MIND THE SEX PISTOLS




さて、このようにカート・コバーンからリスペストされていたピストルズのジョン・ライドンは、カート・コバーンの自死の後、コメントを求められて、カート・コバーンの死について下のように語っています



1994年頃のジョン・ライドン
lydon-1994.jpg
YouTube

生きていようが死のうがロクデナシはロクデナシなんだよ。
死ねばすべてが許されるってもんじゃないんだ。

交通事故か何かで不可避的に死んだならまだしも、奴には子供がいたんだぜ、まったく。

これから真っ白な心で世界に対峙し、成長していこうかっていう子供の気持ちにもなってみろってんだ!

なのに自分がもうこの世で生きていく自信が無いから自殺します、だ?
何が病める魂だ。

これほど身勝手で無責任で利己的な男が他にいるかってんだ! ったく。

しかもそういう奴を『自己のアートに殉死した悲劇の英雄』的ロマンティシズム・センチメンタリズムで捉えたがる連中もいるんだから、あきれてものも言えないね俺は。

カート・コバーンなんて自分の家族に対してさえ責任をもてなかったただのヘロイン中毒だったんだぜ。

それのどこが無垢で繊細なんだよ?

そういうものを自虐的美学なんて呼称でグラマライズしたがるのはドラッグ文化の最大の偽善性、白痴性と呼ぶしかないな。


(出典:NEVER MIND THE SEX PISTOLS




多分、カート・コバーンの死に対して、ここまで激しく罵ったミュージシャンは、おそらく、他にはいないと思います。

そして、

> 不可避的に死んだならまだしも、奴には子供がいたんだぜ。これから真っ白な心で世界に対峙し、成長していこうかっていう子供の気持ちにもなってみろってんだ!

という意見は正しいです。

この言葉を知ったのは最近ですが、

「やっぱり、ジョン・ライドンという人は流されないなあ」

と改めて思いました。


1960年代とか 1970年代のロックは、全体として、ドラッグ文化的な色彩が強く、そして、その時代のメジャーな数々のバンド、それはビートルズにしても、レッド・ツェッペリンなどにしても、実際にドラッグにまみれていました。

しかし、1970年代後半に世界を熱狂させたパンクの象徴的存在だったセックス・ピストルズは、途中加入したベーシストを除けば、おそらくは(あくまで、おそらくは)「クリーン」だったと思われます。

セックス・ピストルズには耽溺するのではなく、「いつも目覚めていなければならない理由」もあったようにも思います。

ビストルズの役割は、ライドン自身によりますと、

「俺たちの人生の大部分をサッチャー政権時代が占めており、それに目一杯抵抗することがピストルズの役目であり挑戦だった。自分たちでもそれなりに精一杯やったと思うよ」

と言っています。

興味を持って、ジョン・ライドン - Wikipedia を見てみましたら、ジョン・ライドンも、In Deep の記事に出てきます、13歳の少年、ジェイコブ・バーネットさんと同じく「強制的に学ぶことができなくなった年月」を持っていることがわかりました。

ジョン・ライドン - Wikipedia より

幼いころに髄膜炎を患い、半年近く生死の淵を彷徨い、その後遺症で退院した時は“cat(猫)”の綴りや両親の顔すら忘れている記憶喪失の状態で、それが原因で小学生のころはいじめられっ子であった。

何もかも一からやり直しの状態であったが、母親の熱心な教育のおかげで人並み以上のレベルまで取り戻すことができた。彼はこの病気の過去を「“ロットン”への道を歩み始める第一歩」と語っている。

知らなかったですが、彼の猫背と人をにらみつけるあの「目つき」は、その病気の後遺症だったようです。 Wikipedia には以下のようにあります。

彼の猫背は幼いころのにうった脊髄注射の影響で、睨み付けるような目つきはそうしないと焦点が合わないためであり、髄膜炎の後遺症である。

lydon2.jpg
GIPHY


少年時代の病気で、ライドンは、何から何まで「いったん頭の中から消えた」ようです。

そして、ジョン・ライドンは、私生活では 30年以上、ひとりの奥さんと暮らしているという、そういう面を持つ人で、カート・コバーンへのあのような「糾弾」を見ていると、子ども好きなのかもしれません。

lydon-kids.jpg

▲ 年代不明ながら、少なくともかなり若い時のジョン・ライドン。子どもの観客に歌わせているようです。 davidabbruzzese


いろいろと昔のニュースを探しますと、2010年に、ジョン・ライドンは、継娘を病気で亡くしているというようなことも知りました( Daily Mail )。

まあ、そんなジョン・ライドンですが、今なお、どんどん巨大になっています。

特に体が。

John-Lydon-2013.jpg

▲ 2013年7月のコンサートでのジョン・ライドン。Starpulse より。


体の大きな匠という意味で、巨匠という敬称が似合うようになってきているようです。


Sponsored link




posted by noffy at 19:20 | 現世人類としての最期に

2015年04月14日

自分が今生に生まれた理由 - 根源的な恐怖とのバトルの始まりの日に

no-afraid.jpg
In Gods Image


私にはパニック障害という病気が若い時からありますが、最近、翻然とこれについて理解したのです。

(ただし、私自身についてのことだけです)

私は、

「病気になってしまった」

のではなく、

「私は病気にならなくてはいけなかった」

のです。

だから病気になった。

それだけのことだったんです。

これは、さきほど書いた In Deep の記事の中村天風の言葉でわかったということは正直に書かなければならないですが、「私という人間がパニック障害という”恐怖”を伴う病気にならなくてはいけなかった」という、その理由なのですが・・・。

私がパニック障害になったのは 21歳の時でした。

しかし、実は、私は小さな頃から、それこそ記憶が始まる3歳とかの頃から、

「根源的な恐怖」

を持っていた人間でした。
今でも思い出します。
意味のないことに脅える幼児だったんです。

「根源的」というのは、「理由のない恐怖」です。

つまり、生まれついてから「意味のわからない恐怖を持っている」ということです。

これをスピリチュアル系の方々などに言わせれば、前世とか、因果律とか、いろいろな言葉も出て来るのかもしれないですし、医学ならまた何かの定義があるかもしれないですが、理由や定義はどうでもいいのです。

とにかくそれがある。

根源的な恐怖を持ちながら、子ども時代を過ごし、老年期に入る現在に至っている。

そして、中村天風はこのように述べています。


心の安定を失うことの中で、一番戒むべきものは恐怖観念である。そもこの恐怖なるものこそは、価値なき消極的の考え方で描いているシミだらけな醜い一つの絵のようなものだ。


つまり、「恐怖という概念は問答無用に悪である」ということです。

上の天風の言葉で、ふとさとりました。

「オレの恐怖は外に露出させなければいけなかったんだ」

ということをです。

「じゃないと、悪と対峙できない」

いろいろと理由はあるにしても、自分が神経症やパニック障害になった根本的な理由は、自分の中に「根源的な恐怖がある」からだとは思います。

そして、理由や因果はわからないけれども、その「根源的な恐怖」は生まれた時からずっと私の中にあった。

私がパニック障害などにならず、穏便なメンタルライフを過ごしていたとしましょう。

その場合は、人生として最悪である、

「私は私の中の根源的な恐怖と現実として向きあうことがなかった」

という状態のまま曖昧な人生を送るだけだったと思われます。

パニック障害になったからこそ、その「悪魔」である根源的な恐怖が「実際の姿となって自分の前に現れた」のです。つまり、自分が障害を持ったということは「自分の中の根源的な恐怖と対峙させてくれた」という意味では、大変に重要な出来事だったわけです。

それを私は、二十代の時からベンゾジアゼピン系の薬とお酒で、悪魔の正体を隠し続けていた。

せっかく何者かが悪魔を出現させてくれたのに、その機会を生かさなかった。

でも、今やっとわかります。

根源的な恐怖、すなわち自分が生まれた時から持ち続けた「自分の中の悪魔」と対決できる時が来ているのかもしれないと。


まあ、恐怖は 50年以上続いているわけです。


その中では「音楽」も素晴らしい存在でした。

恐怖をやわらげてくれる音楽はいくつかあるかもしれないですが、中村天風の本を読んでいる時、私は坂本龍一さんの 1994年のポップスのリミックスを思いだしました。

「これを 432Hz ピッチにすれば、もっと恐怖に対抗できそう」とやってみたのが下のものです。

リズムのある曲は 432Hz があまり合わないものも多いんですが、これはいいです。これを繰り返して流しながら、中村天風の先ほどの部分を読み直していたりしました。

坂本龍一 - Regret (T.Mori Mix) 432Hz 変換バージョン



長い戦いになりそうですが、これ(根源的な恐怖を消滅させること)が奇跡的にでもできれば、私が今生に生まれてきた責任も果たせるのかもしれません。


Sponsored link




posted by noffy at 21:35 | 現世人類としての最期に