[お知らせ]ブログは移転しました。
新しい雑記ブログは http://nofia.net/ です。

cropped-cropped-girl3-1.jpg


2014年06月16日

ツバメへの愛とラモーンズへの愛

昨日(6月16日)は、うちの奥さんの父親の命日が近いということもあり、その墓参りに奥さんと子どもと3人で行きました。お墓は東京の高尾という場所にありまして、霊園が集中している場所なのですが、今回は、お墓参りの他に、奥さんにはもうひとつ高尾に予定がありました。

それは高校時代からの友人が関係している個展というか、イベントを高尾でやっているので、そのギャラリーに行くことでした。

奥さん曰く、

「高校時代から続いている唯一の友だちなの」

とのことで、高尾でおこなわれているのはその友だちが「参加」という形で毎年関わっている『ツバメ、今年もみた?みた!みた!-展 2014』というもので、ツバメの子育て情報や、ツバメに関するエピソード等を集めて展示しているというものでした。

tsubame1.jpg

▲ 小川美奈子さんのウェブサイトの infomation より。


うちの奥さんのその友人という方は、上の中の小川美奈子さんという方で、リトグラフを中心とした絵を描く版画家の方なのでした。彼女はここで、ツバメ関係の絵や、ツバメの巣をイメージした作品など、ツバメを思い制作したものを展示していました。

上のものとは別に、今、東京の国立で「小川美奈子版画展 - リトグラフ作品による6月の小さな世界 - 」という個展もやっているそうで、小川さんのウェブサイト「リトルミーナ」に素敵な作品がいくつか載っています。

あとで調べてみましたら、この小川さんは、最近、新聞でツバメのことで取り上げられたことがあることも知りました。


人工巣でツバメ育て 小平市の女性ら共存できる街づくり目指す
東京新聞 2014.05.05

毎年、春になるとやってくるツバメの子育てを支援するため、東京都小平市の版画家小川美奈子さん(43)がツバメの人工巣を作っている。

ふんが落ちると問題となる店舗の入り口などを避け、人間とツバメに都合のいい場所に人工巣を設置し、共存できる街づくりを目指す。小平市で育った小川さんは十年ほど前、「子どものころはツバメの巣がある駅が多かったけど、最近は少なくなった」と感じた。(以下略)




ogawa-03.jpg

▲ 小川さんの作っている「コルク製ツバメの巣」。自身で改良を重ねて、ツバメが営巣するまでに至ったとこちらに書いてありました。


というわけで、お墓参りの後、その『ツバメ、今年もみた?みた!みた!- 展 2014』に行きました。

「自分の個展も今やってるから、彼女はいないと思うけれど」と奥さんは言っていましたが、入ってみますと、奥さんの友だちの小川さんはそこにいらっしゃったのでした。

うちの奥さんは今も異常なほど真面目な人ですが、小川さんも高校の時、真面目で、しかもお互いに地味な2人だったそうです。そんなこともあって、とても気も合い、当時の奥さんにとって、友だちと呼べる相手というのは小川さんくらいだったのだとか。

小川さんはとても可愛い感じのする女性で、上の東京新聞に出ている年齢には全然見えないのですけれど、うちの奥さんがふと、

「あ、ラモーンズのTシャツ着てる(笑)」

と言ったことで初めて気づきましたが、小川さんは、ラモーンズという 1970年代から1980年代を中心に活躍したアメリカのバンドのTシャツを着ていたのでした。

下の絵柄をTシャツにしたような感じのものでした。

ramones.jpg


すると小川さんは微笑と共に、

「最近になって、ラモーンズの良さがわかってきて」

と奥さんに言っていました。


ラモーンズは、今はバンド自体が存在しないですが、相当メジャーなバンドで、ラモーンズ - Wikipedia から抜粋すると、


ラモーンズ (Ramones) は、アメリカの4人組パンクバンド。1974年結成、14枚のスタジオアルバムを残し1996年解散。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第26位。

1979年に発表した5作目のスタジオアルバム『エンド・オブ・ザ・センチュリー』はバンド史上最大のヒットアルバムとなり、2012年現在も大リーグの試合でこのアルバムの曲が演奏されるなど、アメリカ人に深く浸透している。




などとあり、また、次のような記述、


2001年4月15日にボーカルのジョーイ・ラモーンが他界。世界のメディアは見出しに「パンク・ロックのゴッドファーザー逝く」「パンク・ロックは教祖を失った」と書き、ジョーイの業績を讃えた。



にあるように、ラモーンズは「パンクの始祖」のような扱いを受けることがあります。

誰がパンクの始まりか・・・というのは、実は「そういう概念自体は存在しない」のですが(パンクという言葉自体が欧米のメディアが作りだした造語なので)、それでも、下は 1990年代のドキュメンタリー映画の中の、ラモーンズのボーカル本人の発言で、本人たちも「自分たちがパンクの始祖だ」と思っていた部分があるようです。

ram-vocal.jpg

▲ 『ヒストリー・オブ・パンク』より。このシーンが収められた動画は下のほうに貼っておきます。


私自身にとっては、ラモーンズの音楽はあまりにも軽快なロックンロールのせいもあり、どっぷりとアンダーグラウンドに浸っていた私は、こういう聴きやすい音楽はあまり聴かなかったのですが、しかし思えば、「ラモーンズって今どうしてるんだ?」と思い、小川さんに、

「ラモーンズって今どうしてるんですか?」

と尋ねると、

小川さん「ほとんど亡くなっちゃいました」
わたし 「ボーカルの人も?」
小川さん「(自分のTシャツを指さして)この人とこの人と・・・この人も亡くなったんですよ」


と、4人のオリジナルメンバーのうち、3人が何年も前に亡くなっていることを知りました。さきほどの Wikipedia によると、


2001年4月15日 - ジョーイ(ボーカル)がリンパ腺ガンにより49年の生涯を閉じる。ジョーイは南アフリカの黒人隔離政策に反対する運動「サンシティ」に参加していた。



とのことで、上の写真のボーカルの人は、10年以上前に若くして亡くなったようです。


その時、「ああ、そういえば」と、先日の記事、

・「つぼ八」で聴いた神様の声がこの世から消えてから20年
 2014年05月25日

で書きました、ユニクロで買った「ニルヴァーナ」のTシャツをシャツの下に着ていたことを思い出しました。

nirvana-t-shirt-03.jpg

私は、「そういえば、僕も今、早く亡くなったこの人のTシャツを」と、小川さんに、そのニルヴァーナのTシャツのロゴを見せました。


そして、私は、

「・・・というか、僕は、ニルヴァーナでパンクというか、ロックが終わったと思っている人なんですよ」

と呟きました。

これは何が言いたいのかというと、初対面の小川さんと私が、

ひとりは「パンクの始まり」(だと言われている)バンドのTシャツ

を着ていて、

ひとりは「ロックの終わり」(だと私が考える)ニルヴァーナのTシャツ

を着ているということと、それがうちの奥さんの唯一の高校の友だちだということに何となく面白い縁を感じたりしていたのでした。

ところで、その肝心の『ツバメ、今年もみた?みた!みた!-展 2014』に関しては、ちょうど前日に、うちの子どもと奥さんが、近所の街を歩いていた時に、小さなビルの建物の中にツバメが飛んで入っていく様子を目撃したのだそうです。

子どもが、「どこに行くんだろう」と、ツバメの後を追っていくと、そのビルの建物の店舗の横の開いた部分に、ツバメの巣があって、そこからツバメの子どもたちが口を開けてピーピーと鳴いているところに遭遇したのでした。

その翌日がこの日だったので、子どもはツバメの写真や報告書をそれなりに興味深く見ていました。そして、子ども自身も「ツバメ目撃情報」を書いていました。


ちなみに、ツバメは、今住んでいるところに越してくるまでは、つまり、東京の杉並区に住んでいた頃は、まったく見たことがありませんでした。

今住んでいるあたりは、全体として鳥そのものが多いですが、ツバメも多く、そろそろ、うちの目の前にある電線に子ツバメたちが飛ぶ練習のために親たちと共にやってくると思います。


そんなわけで、最初のほうのラモーンズについて、ドキュメンタリー映画『ヒストリー・オブ・パンク』より、ラモーンズがメジャーレーベルからデビューした頃の話です。

ラモーンズのデビューのエピソード




ちなみに、意外に思えるかもしれないですが、パンクやニューウェイブはアメリカでは「音楽に対して真剣な態度」で進行していき、イギリスでは「ファッションとして」進行していきました。

どちらがいいとか悪いとかは一概には言えないですが、その後、つまり、1980年前半以降の「あらゆるジャンルの真面目で新しいポピュラー音楽」は、多くがイギリスではなく、アメリカから出現した感じが強いです。
タグ:ラモーンズ


Sponsored link