2014年05月12日

鳥たちと富士山にうながされて突き進む「あるがまま」への道

barajuuji.jpg

▲ 1785年の『薔薇十字の秘密のシンボル』より。シュタイナーは、この本の中に神秘主義の根本が記されているとしています。ハトもこのように電線に止まっていたかもしれません(それはこわいわ)。



空気が澄んでいる日には私の家のベランダから富士山が見えるのですが、最近は見えない日が多いです。

なので、富士山が少しでも見えた日には一応、お礼というのか、一礼というのか、そういうようなことをしたりしています。

今朝はうっすらと富士山が見えて、一礼していたりした後、ボーッと見ていましたら、ベランダの目の前の電線にハトが1羽止まり、そして、少ししてもう1羽、ハトが止まりました。

ちょうど、風景の中にハトがリンクするというような形になったのですが、そこにスズメと、何という鳥かわからない2種類くらいの小鳥がその電線に止まり、何だか、たちまちのうちに「鳥だらけ」になってしまい、それでも、「鳥と富士山の対比」、そして、ベランダには植物もたくさんありまして、鳥と植物と富士山というのも、なかなかいいものだなあ・・・と思った時に、

ふと、さきほどの In Deep の異常に長い記事、

人工 DNA から生命が作られる物質科学の時代に考え直したい 100年前にシュタイナーが唱えた「人類が高次へ移行する方法」
 2014年05月12日

のことを「書こう」と急に思いたち、それから午前8時くらいから昼過ぎまで、ずっと書いていました。

確かにシュタイナーの書いていることは興味深いとはいえ、あそこまで長々説明するような気など今朝まではまったくなかったので、自分でも「オレは何をやっているのだ」という気もしましたが、ハトやらの鳥たちを見ていて思ったのですから、まあ、鳥もそのために来てくれたのかもしれません。


まあ・・・それに、何だか唐突な書き方になるかもしれないですが、個人的に「今は黙示録」なのだと感じているということもあります。

そこから救われたいとか、そういうようなことは最近はあまり思わないですけれど、「ものすごい平穏と安寧だけの日々」というものを経験したいなあ、と思うことはよくあります。

現実には、平穏と安寧「だけ」なんてあり得るわけはないんですが、それでも、先日の記事「無へ向かうためのキュア(治癒法)を思い出す」とか、 In Deep のパニック障害の記事などで、森田療法の「あるがまま」の理念を久しぶりに思い出し、そして、今回のシュタイナーの言葉にある、

「自分自身を生命全体の一部分と感じること」

とか、

「人生のさまざまな現象に対するとらわれない態度」

とか、

「ある種の人生の均衡状態を捕獲すること」

などをぼんやり考えていると、不安神経症もパニック障害も「存在していない病気」であることに改めて気づきます。この意味は、「症状は存在するけれど、それは病気の本体ではない」ということで、本人の気質が大きく関係している以上は「自分とはそういうものなのだ」というように、

力強くあきらめる

ということでいいのかもしれないというようにも最近思います。

昨日今日はとても平穏な心の状態でした。

moritasan.jpg

▲ 森田療法を生み出した森田正馬(もりた まさたけ)さん( 1874 - 1938年 )。



そういえば、全然関係ないことかもしれないですけれど、私は健康診断とかもしないので、自分の血圧すら知らなかったんですよ。2〜3ヶ月前に家庭用の血圧計というものが家庭にきまして、それで測ってみたところ、私は「上が 160以上 、下が100程度」あたりのものでした。

介護をしている関係でそのあたりに詳しい奥さんに、「これってどうなの?」ときくと、

「病院に行くべきレベル」

と言われてしまいました。

彼女が言うには、血圧は上が 120くらいで、下が 80くらいまでが正常血圧なのだそう。

その後もたまに測りましたが、似たようなものでした。
ちなみに、遺伝的にも高血圧で、父も母も祖父もみんな高血圧(祖母は不明)。

なので、自分もそういうものなのだろうなあと思い、それに高血圧対策なんてのもわからないわけで、そのまま放置していました。

何しろ、高血圧予防のあたりの部分を見ると、大体、「減塩しろ」とか「お酒は適量に」などと書かれていて、それがどうも実行が現実的ではない数値で示されています。

下のは、厚生労働省の高血圧を防ぐ食事というサイトにあるイラストですけど、毎日お酒を飲む人に限定すれば、この範囲で収まっている人なんて、ほぼいないのでは?

osake-03.gif


私が飲むのは大体、芋焼酎ですが、上の量だと適量は「コップ半分くらい」ということになります。私の場合、この5倍以上は毎日飲んでいて、もう少し若い時は、この10倍、20倍と一晩で飲んでいたこともありました。

そして、つまみも塩辛だとか塩分の多いものが多いですしね。

そんなわけで、何となくあきらめていたわけなんですが、2週間くらい前に森田療法の本で、「あるがまま」のことを久しぶりに読んでから、「自分の状態の悪さに気張ることをやめる」ことを始めたあたりから、どんどん血圧が下がって、ここ1週間くらいは上下はありますけれど、大体、上が 120〜130で下が 80〜90台となっています。

「血圧も『あるがまま』にすれば下がるのか?」

などと・・・は実は思っていないですけれど(笑)、理由はともかく、最近の「脱力感」とは関係あるのかもしれません。

悟りも覚醒もどちらも、基本的には「圧力」よりも「脱力」に近い概念のようにも思いますしね。

「生きているのか生きていないのかわからないような心地よい状態」というのが、究極的な平穏だとも思いますが、そんなの経験したら、こちらの世界に戻ってこられなくなりそう。


ところで、どうでもいいことかもしれないですが、地域医療に携わっている方が書かれているサイトで、血圧の話というページがあって、全体的に興味深いことが書かれてありますが、


実験では収縮期血圧を300mmHg(血圧計の最高値)まで上げても血管は何ともなかった。



という実験結果があるのだそう。

実際、手術の際などにはストレスがかかるそうで、


血圧が一時的に250mmHgくらいにまで上昇するのは珍しくないが、それで何か問題が起きたことはない。



と書かれています。

要するに、一時的な高血圧は気にするものではないということのようです。
その状態が続けば、確かに良くない面もあるのかもしれないですが。

この方のページには、検診と年齢についてなど、現在の「高齢化の中の日本」の医療制度についての問題が非常に納得できる形で書かれていますので、比較的高齢の方なども読まれてみるとよろしいかと思います。

この日本の高齢化ひとつとっても、そこには「黙示録」的な状態が近づいていることが見えて仕方ありません。


Sponsored link




posted by noffy at 16:56 | ペアである自分