2013年03月19日

現世人類としての最期に(5) - 「女性がすべての宇宙の根源である」という意識はいつ地球の人間から失われたのか?



現在の「素晴らしき」地球の現実を未来にどうぞ伝えて下さい

タイトルに書いたような「女性がすべての宇宙の根源であるという意識はいつ地球の人間から失われたのか?」なんていう部分をきちんと書く気力も今はないですけれど・・・ほら、いろいろとこれから、高い次元の世界とか、なんか他の星とかの素晴らしい精神的世界に行くというような人たちの主張というのはあるわけじゃないですか。

そういう素晴らしい世界に行ける人たちには、そういう世界で「あの地球では毎日のように下のようなニュースを目にしていたんだよ」とそこの人たちに教えてあげてほしいです。

下は全部、今日か昨日の英語とか日本語のニュースです。


中絶3億3600万件 中国の一人っ子政策で
大紀元 2013.03.19

中国で過去40年間に行われた中絶が3億3600万件、不妊手術が1億9600万件に上っている。英紙フィナンシャル・タイムズが15日、中国衛生部のデータとして伝えた。

衛生部のデータによれば、この40年間の中でも1982〜92年の間で中絶のピークを迎え、毎年約1000万の妊婦が中絶している。1983年と1991年ではその数字がさらに1400万に跳ね上がっている。また、一人っ子政策の緩和を求める声が高くなった90年代後半以降も数字の減少がそれほど見られず、毎年約700万件の中絶、200万件の不妊手術、700万件の避妊具挿入が行われている。





駐留部隊 : 米女性兵士の3割、軍内部でレイプ被害
毎日新聞 201303.19

米英軍主導の侵攻から20日で10年を迎えるイラクや国際部隊の駐留が続くアフガニスタンに派遣された米女性兵士延べ28万人の3割以上が、上官らから性的な暴行を受けていたことが分かり、米国内で「見えない戦争」と問題視されている。

カリフォルニア州図書館調査局が昨年9月に発表した実態調査によると、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたと回答した。

イラク戦争中の03年にクウェートに派遣された前後に米国内基地で上官から性的暴力を受けたコーリン・ブッシュネルさんは、クウェート派遣前に男性上官からレイプされ、帰還後に女性上官から性的暴力を受けた。精神的なバランスを崩し、06年に退役。2人の子供がいる家には帰れず、5年近くホームレス生活を続けた。「自分が恥ずかしく、行く場所がなかった」。




どうして地球の「女性」ってこんな状況になっちゃったんだろうと思います。

私が最近しつこいほど「地球は終わりだ」と言い続けている理由もこの部分は実は大きいです。


悪化してる。


母なる大地である女性の意味を今のようにしている限り、その大地が発展していく道理はありません。





マザー・インディア

最近はあまりにも調子が悪かったんで、東京の杉並区にある昔からの馴染みの診療内科にまで行ったんですけど、ふだん電車に乗らないので、とにかく、薬とお酒を飲んでパニックにならないようにして、あとはずっと目を閉じてポーダブルオーディオで音楽を聞いていました。

そこで、パキスタンのムスリム(イスラム教徒)の男性がリーダーである Fun-Da-Mental というバンドがあって、彼の書いた1994年頃の歌に「 Mother India (インドの母)」という曲がありまして、それをリピートして何度も聴いていました。


インド人女性が淡々と歌うその歌詞の内容は、英語とアラビア語とインドのどこかの言葉が交互に入っているようで、なかなか難しいのですが、以前、わかる部分だけ字幕をつけてアップしたことがあります。

詳しくは私の音楽サイトのこちらのページにあります。


mother-01.jpg

mother-02.jpg


上の言葉は当然、「世界のすべての男性に対して」言っているわけですけれど、私はいつも「どうしたらそんな世の中ってできるんだろう」と考えてみるのですけれども、


「今のままでは無理」


という弱気だけれど正直な感想しか出てきません。

でも、そういう世界(すべての男性がすべての女性を崇める世界)が地球の正常であり、それが成し遂げられないと、やはり地球は存在している意味がないと思うのです。

私自身だって、なるべく上の女の人が言うように考えて生きていきたいと思っていますけれど、やっばり、腹立つバアサンとかは日々登場するわけです。


「なあ、ナワズさんよ、どうしたらいいんだ?」。


ナワズさんっていうのは上の歌も含めて Fun-Da-Mental の歌と歌詞を書いているバンドのリーダーです。

aki-03.jpg

▲ Fun-Da-Mental のアキ・ナワズさん。実はイケメン。イギリスに住んでいますが、イギリスでひどい人種差別を受け続けて以来、ムスリムの道に入りました。





ああああああ。

どこで地球はおかしくなってしまったなんだろう。


もう、戻ることのできる方法が私にはわかりません。




最後に、上の Mother India のプロモを貼っておきますね。

このプロモは、ドラマ部分は男性の役割と女性の役割をチェンジした形でのストーリー仕立てとしているもので、そこがむしろ妙な迫力というのか、印象を強くします。


マザー・インディア / ファン-ダ-メンタル





ちなみに、曲の最後は「あなたがたすべてに平和を」というアラビア語での慣用句的な挨拶で終わります。


assalam.jpg


あなたに平和を。


Sponsored link




posted by noffy at 21:31 | 現世人類としての最期に