2012年01月21日

さらに自分を存在を消して



In Deep に書いた「米国の「内戦」がインターネット上で始まった可能性」という記事は、一種感情的な感じにも思えるかもしれないですが、Megaupload そのものはともかく、ストレージサービス自体は YouTube と共に、インターネット生活での私の「命のひとつ」です。

これらのサービスは、一般的には著作権の侵害ということに関しての問題であるのですが、しかし、私たちのようなマイノリティなカルチャーだけを愛している人間にとっては、そういう存在ではないのですよ。

金を出して買えるものの話ではないのです。

たとえば・・・。
こういう音楽の作品があったとします。

30年前にニューヨークのライブハウスで 50本限定で配布されたバンドの音源。
1980年代に発売されたけれど、ほとんど配布されないまま終わったソノシート。
あるいは、1970年代の何とかというバンドのライブの映像とか。


私は数年前までは、そういうものを実際に見たり聴けることがくる日はないと思っていました。


ところが、「それができる日」が到来したのです。
それは「インターネット上の世界で」でした。

YouTube などの動画サイトと同時に、今回閉鎖されたようなストレージサービスが最初は米国を中心に始まり、そのうち世界中で始まりました。

その実態は確かにあこぎなもので、運営者も暴利をむさぼっていたと思いますが、そんなことはどうでもよくて、それらの出現は私たちには「天国が出現した」と同義でした。


「入手することが不可能だと思われた音楽などがあった」のです。

というか、私も YouTube などでは最初期の時期から積極的に、日本のアンダーグラウンド音楽の音源をアップしていました。そして、それは海外のごく少数の人たちに大変喜ばれました。

つまり、全世界に同じように「聴くことを諦めていた音楽が聴ける喜び」を感じる人たちがいたのです。そして、この「あの音楽を聴きたい」という欲求が「強烈なもの」だということは私がよくわかっていました。

私のアップする音楽は著作権が事実上存在しないものばかりでしので、その方面で問題が起きたことはないですが、それでも、倫理的な問題はある部分もあるかと思います。

それでも、「聴きたい」のです。
そして、「その欲求を世界の誰かと共有できた喜び」というものもあります。


今では YouTube でもストレージサービスでも、音楽の非常にマイナーなものまで、ほぼ網羅されてアップされています。たとえば、今回閉鎖された Megaupload の中にも、たくさんそういうものがあったと思います。

実際の話としては、ストレージサービスにあるファイルの多くは、メジャーな映画やアニメ、アダルト系などばかりですが、そのほんの片隅(比率としては0.1パーセントにも満たないでしょうが)には、確かに「マイナー文化」もそのサーバに「図書館のように」積み上げられていたのです。

でも、今回のことで、この流れが止まるかもしれないということです。


『図書館は事情により閉館しました』


という感じでしょうか。

パンク音楽や、エレクトロといわれるジャンルや、アンダーグラウンド・ヒップホップといわれるものでは、 CD やレコード自体が入手しにくいものが多く、インターネットの果たした役割は「強烈」です。

今回のことはアメリカの話ですが、しかし、気づいてみれぱ、「世界はつながっていた」ことに気づきます。

そして、自分が好きな文明の範囲の多くをインターネットに依存していたことにも気づいたわけで、今回のことは刺激になりました。

ちなみに、このタイトルに「自分の存在を消して」と書いたのは、その通りで、この事件をキッカケに、私はさらに「知り合いを少なくしよう」と思いました。「自分の世界をちゃんと作りたいなら」人は個人になっていくほうがいいと思います。
人は・・・というより、男性は、ということかもしれません。

世界は確かに動いている。

そして、最終的には「何にも依存しない自分」を構築しないと、今後の世界を(楽しく)生きていくことが難しい気がする。


今日ずっと聴いていたジェイリブという米国のヒップホップユニットの「サバイバル・テスト」という曲を何となく貼っておきます。今の気分を現した題名だと思いました。

Jaylib - Survival Test (Instrumental)




こういうような、かつての米国のアンダーグラウンド・ヒップホップを何十何百と知り得て、そして実際に聴けたのも、YouTube とストレージサービスのおかげでした。


Sponsored link




posted by noffy at 00:35 | ニシオギ日記