[お知らせ]ブログは移転しました。
新しい雑記ブログは http://nofia.net/ です。

cropped-cropped-girl3-1.jpg


2015年04月19日

自分=セルフへの治癒のために必要だった笑いと暴力

game-dm2.jpg
・self23 公演『ゲ・イ・ム』(1994年)の DM


今日(4月19日)は日曜だったのですが、子どもは、おばあちゃんと遊びに行っていて、私も何となくフラフラ感もあり、外出する気にもならず、昨日見た映画『パッチ・アダムス』のことを考えて、 In Deep の記事を書いていましたら、何時間も没頭して書いていたみたいで、異常な長さの記事となってしまいました。

いつもなら、長すぎた記事になった場合は、アップした後に削っていくんですけれど、何と「削って今の長さ」です。つまり、元はもっと長い記事だったのです。

それどころか、それでも飽き足らずに、こちらに書いていたり(笑)。

いや、それにしてもいい映画でした。

これは映画のデキというより、パッチ・アダムスという実在の人物の存在と、それを演じたのがロビン・ウィリアムズさんというのも良かった。この映画、同じロビン・ウィリアムズさん主演のベトナム戦争映画『グッド・モーニング・ベトナム』と、何だかいろいろな部分で似ているんですよ。

グッド・モーニング・ベトナムも、実在のラジオ局のディスクジョッキーのことを描いたもので、それは、「前線の兵士たちに笑いを与える」という話でしたが、パッチ・アダムスは、「病の人々に笑いをもたらす」というものなんですが、ストーリーの構造的にもなぜか似ているんです。

それにしても「笑い」の重要性。

私は、大学を辞めた後に、劇団みたいなのを作りましたが、活動の後年は、お客さんの数も多くなり、メディアで紹介されることも多かったのですけれど、でも、その頃は「劇団を始めた頃の本質が失われていた」ことも事実です。

その頃になると、雑誌などを見て来る人も多く、つまり「演劇とかアートだと構えて来る」お客さんも多かったんです。

でも、 self23 の本質は、

「お笑い暴力見世物団」

が始まりだったのです。

そして、その始まりは実は・・・

「自分を治し癒やすため」

に、その劇団のようなものを始めたといってもいいかもしれないです。

神経症とパニック障害が最もひどい時で、そして、初めて病院に行く前のことで、いよいよ精神的に追いつめられる日が多かったのですけど、そこに「大失恋」なんてのもやってしまったのです。

その時に精神的均衡をさらに崩して、もう気がおしかくなりそうな日々が多くありました。

その頃に私は劇団のようなものを作ろうと思っていたのですが、神経症で弱々しくなっていた自分を、

「笑い」



「暴力」

の渦の中にたたき込もうとしていました。

劇団のようなものも、最期の頃はアート系のように捉えられることも多かったのですが、本質はそこにはありません。私たちは見世物でありつつも、「自分たちに対して誇り高くありたい」という人々でした。

つまり、「誇りを持って笑われる」ということです。

例えば、下は第1回公演、つまり最初の公演を翌年、再演した時のものです。
客席が爆笑の連続であることがわかると思います。

self23 - 天ぷら家族(1987年 / 新宿タイニーアリス)より



私の公演を見に来るような屈折している人が多い人には、「屈折した笑い」が必要で、そして、笑いは誰でも、そして、私自身も治癒していたと思います。

どんな考えや思想を持っている人でも「気持ちよく生きたい」と思っています。

その「気持ちよく生きたい」ということを補助するのが音楽や舞台表現の本質で、他に意味はないと思います。もちろん「自分自身の気持ちよく生きたいという想い」に対してもです。

そして、ひとつの種類の音楽や表現では、多くの人にそれを与えることができないから、数多くの種類の表現がある。

私の劇団のようなものの公演は、日を追うごとにエスカレートして、巨大化していきますが、その中で、笑いは少しずつ失われていきました。

それでも、ずいぶんと私を治癒してくれたと思っています。

活動の活発だった 1980年代の終わりから 1990年代の初めの間は、私は神経的、精神的にはとても安定していました。

あの時点では、「治癒」は成功していたのかもしれません。

そして、今、新しい治癒活動に入ろうとしています。
いや、もう入っています。

今の考えにたどりつくことができたことには感謝しています。

最終的な治癒は「悟る」ことです。

これは簡単にできるわけもなく、長くかかるか、あるいは多分は「できない」と思います。
でも、できなかったら、できないで別にいいのですよ。

「そういう考えを持ったことのある人生だった」

というだけでいいのです。

それだけでも、何と贅沢な人生だったことであることか。
タグ:Self23


Sponsored link




posted by noffy at 18:57 | 23 to 24

2015年04月14日

自分が今生に生まれた理由 - 根源的な恐怖とのバトルの始まりの日に

no-afraid.jpg
In Gods Image


私にはパニック障害という病気が若い時からありますが、最近、翻然とこれについて理解したのです。

(ただし、私自身についてのことだけです)

私は、

「病気になってしまった」

のではなく、

「私は病気にならなくてはいけなかった」

のです。

だから病気になった。

それだけのことだったんです。

これは、さきほど書いた In Deep の記事の中村天風の言葉でわかったということは正直に書かなければならないですが、「私という人間がパニック障害という”恐怖”を伴う病気にならなくてはいけなかった」という、その理由なのですが・・・。

私がパニック障害になったのは 21歳の時でした。

しかし、実は、私は小さな頃から、それこそ記憶が始まる3歳とかの頃から、

「根源的な恐怖」

を持っていた人間でした。
今でも思い出します。
意味のないことに脅える幼児だったんです。

「根源的」というのは、「理由のない恐怖」です。

つまり、生まれついてから「意味のわからない恐怖を持っている」ということです。

これをスピリチュアル系の方々などに言わせれば、前世とか、因果律とか、いろいろな言葉も出て来るのかもしれないですし、医学ならまた何かの定義があるかもしれないですが、理由や定義はどうでもいいのです。

とにかくそれがある。

根源的な恐怖を持ちながら、子ども時代を過ごし、老年期に入る現在に至っている。

そして、中村天風はこのように述べています。


心の安定を失うことの中で、一番戒むべきものは恐怖観念である。そもこの恐怖なるものこそは、価値なき消極的の考え方で描いているシミだらけな醜い一つの絵のようなものだ。


つまり、「恐怖という概念は問答無用に悪である」ということです。

上の天風の言葉で、ふとさとりました。

「オレの恐怖は外に露出させなければいけなかったんだ」

ということをです。

「じゃないと、悪と対峙できない」

いろいろと理由はあるにしても、自分が神経症やパニック障害になった根本的な理由は、自分の中に「根源的な恐怖がある」からだとは思います。

そして、理由や因果はわからないけれども、その「根源的な恐怖」は生まれた時からずっと私の中にあった。

私がパニック障害などにならず、穏便なメンタルライフを過ごしていたとしましょう。

その場合は、人生として最悪である、

「私は私の中の根源的な恐怖と現実として向きあうことがなかった」

という状態のまま曖昧な人生を送るだけだったと思われます。

パニック障害になったからこそ、その「悪魔」である根源的な恐怖が「実際の姿となって自分の前に現れた」のです。つまり、自分が障害を持ったということは「自分の中の根源的な恐怖と対峙させてくれた」という意味では、大変に重要な出来事だったわけです。

それを私は、二十代の時からベンゾジアゼピン系の薬とお酒で、悪魔の正体を隠し続けていた。

せっかく何者かが悪魔を出現させてくれたのに、その機会を生かさなかった。

でも、今やっとわかります。

根源的な恐怖、すなわち自分が生まれた時から持ち続けた「自分の中の悪魔」と対決できる時が来ているのかもしれないと。


まあ、恐怖は 50年以上続いているわけです。


その中では「音楽」も素晴らしい存在でした。

恐怖をやわらげてくれる音楽はいくつかあるかもしれないですが、中村天風の本を読んでいる時、私は坂本龍一さんの 1994年のポップスのリミックスを思いだしました。

「これを 432Hz ピッチにすれば、もっと恐怖に対抗できそう」とやってみたのが下のものです。

リズムのある曲は 432Hz があまり合わないものも多いんですが、これはいいです。これを繰り返して流しながら、中村天風の先ほどの部分を読み直していたりしました。

坂本龍一 - Regret (T.Mori Mix) 432Hz 変換バージョン



長い戦いになりそうですが、これ(根源的な恐怖を消滅させること)が奇跡的にでもできれば、私が今生に生まれてきた責任も果たせるのかもしれません。


Sponsored link




posted by noffy at 21:35 | 現世人類としての最期に